コンテスト結果

(2015年9月12〜9月13日 於:石川県 小松ドーム・敬称略)

審査員からの評点シートは、約1ヵ月後に郵送にて各店舗様へ郵送でお届けします。

ディーラーデモカー部門 ディーラーデモカーclass

ディーラーデモカー部門 ディーラーデモカーclass
順位エントリーナンバー得点 販売店様名車両オーナー 車種名
1 DD961.20_AVKANSAI 堺岩元 秀明X4
2 DD2258.53_ジパング道祖尾 裕二535i
3 DD3258.43_AVKANSAI 堺岩元 秀明428
4 DD2757.03_ガレージショウエイ吉岡 正浩320 E92
5 DD255.60_AVKANSAI 神戸西村 高志Aクラス茶色
6 DD2655.37_ピットハウスコスギ古杉 圭一ベンツ Eクラスシャンパンゴールド
7 DD454.07_アンティフォン松居 邦彦アクアG’Sシルバー
8 DD1653.87_サウンドフリークス佐藤 清人420グランクーペ
9 DD1553.20_サウンドウェーブ小倉 譲治クラウン
10 DD353.10_BREEZE(ブリーズ)木村 二郎ISISシルバー

ユーザーカー部門 Pioneer carrozzeriaχシステムclass

ユーザーカー部門 Pioneer carrozzeriaχシステムclass
順位エントリーナンバー得点 販売店様名車両オーナー 車種名
1 UX1958.05_AVKANSAI 堺阪本 武臣435
2 UX1857.95_サウンドフリークス伊藤 正裕MPV
3 UX2056.75_AVKANSAI 堺中川 智佐子A180
4 UX1356.70_コンセプトファクトリー石橋 仁320iツーリング
5 UX3056.55_AVKANSAI 堺紋田 和行MITO
6 UX1556.15_ウェイブトゥポート綿辺 文朗ポロGTI
7 UX456.10_ウェイブトゥポート宇山 真一エアウェイブ
8 UX655.95_ライズオーディオビジュアル高木 義一RCZ
9 UX2855.85_ウェイブトゥポート大西 宏昌アクセラ
10 UX755.65_クアンタム大黒 賢吾レガシーワゴン

ユーザーカー部門 オールPioneerシステムclass(χ以外)

ユーザーカー部門 オールPioneerシステムclass(χ以外)
順位エントリーナンバー得点 販売店様名車両オーナー 車種名
1 UP2356.05_AVKANSAI 堺阪本 武臣GLAシルバー
2 UP355.55_カーアーティストエース川崎 祐子フィット
3 UP2455.45_AVKANSAI 堺森本 健C63
4 UP2254.15_AVKANSAI 堺吉井 智清アルファード
5 UP1354.10_コンセプトファクトリー日景 重貴ハリアー
6 UP1653.95_AVKANSAI 堺金沢 賢一A4シルバー
7 UP853.70_ウェイブトゥポート山内 篤大プリウスα
8 UP553.05_サウンドカーペンター矢野 晋一ポロブルー
9 UP152.95_サウンドエスパス上遠野 達彦エルグランド
10 UP1552.90_カーショップイースト秋月 政信プリウスα

ユーザーカー部門 DIATONEサウンドナビclass

ユーザーカー部門 DIATONEサウンドナビclass
順位エントリーナンバー得点 販売店様名車両オーナー 車種名
1 UD453.70_Kサウンド高橋 広昭IMPREZA SPORT2.0i
2 UD1453.05_サウンドウェーブ阿部 弘樹ストリームシルバー
3 UD1253.00_ナナミサウンドファクトリー小山 貴之XVHV
4 UD552.40_サウンドフリークス佐々木 宏コペンマルーン
5 UD1151.60_サウンドエナジー衛藤 昭道ルーテシア
6 UD1851.55_スーパーオートバックス川崎草間 明彦ライフシルバー
7 UD951.40_コルノ宮島 学フィットシルバー
8 UD1351.10_カーオーディオクラブ庵原 誠一郎ゴルフ4
9 UD751.05_カーオーディオスタジアム花村 将光オーリスブロンズメタリック
10 UD1550.70_Jクラブ秦 義和フィット

ユーザーカー部門 Hi-end CDメディアclass1

ユーザーカー部門 Hi-end CDメディアclass1
順位エントリーナンバー得点 販売店様名車両オーナー 車種名
1 CX2058.60_ジパング友森 幹IS
2 CX1158.40_AVKANSAI 堺吉岡 歩323シルバー
3 CX3058.05_ジパング岩本 裕也ハリアー
4 CX3357.70_ジパング朝倉 佑輔スカイライン
5 CX2357.20_ジパング清水 真志レガシィ
6 CX3656.80_ガレージショウエイ松村 厚インプレッサプラズマブルーシリカ
7 CX3256.70_ジパング加藤 孝信X5
8 CX2855.95_ジパング秋吉 和馬ノート
9 CX2455.70_ジパング岩本 学スカイライン
10 CX3554.35_ジパング石原 竜VOXY

ユーザーカー部門 Hi-end CDメディアclass2

ユーザーカー部門 Hi-end CDメディアclass2
順位エントリーナンバー得点 販売店様名車両オーナー 車種名
1 UC754.45_マイスター安城店矢間 文人スペーシアカスタム
2 UC154.10_オートステーションK2渡部 直樹クーガ
3 UC253.80_ジパング河原 裕太オデッセイ
4 UC553.00_AVKANSAI 堺井上 俊夫NX
5 UC352.25_カーショップイースト松山 知己プリウス

ユーザーカー部門 Hi-end メモリーメディアclass

ユーザーカー部門 Hi-end メモリーメディアclass
順位エントリーナンバー得点 販売店様名車両オーナー 車種名
1 UM657.00_ログオン香取 直人ゴルフ7ヴァリアント
2 UM3056.95_AVKANSAI 堺米田 清隆M3
3 UM2656.55_サウンドウェーブ赤澤 宏幸アクア
4 UM2056.40_アンティフォン西野 康雄3シリーズ
5 UM856.20_AVKANSAI 堺倉角 健宏エスティマ
6 UM3155.70_ガレージA湯浅 卓也オデッセイシルバー
7 UM1855.65_カーショップイースト本田 篤エリシオン
8 UM1255.25_AVKANSAI 堺西村 朋久レガシィ
9 UM2555.15_レジェーラ山下 潔隆525Mスポーツ ツーリング
10 UM554.90_ナナミサウンドファクトリー伊藤 秀晃ヴァンガード

審査員賞

【初日】

【2日目】

CDメディアclass2はエントリー台数の都合上、該当無し

イベントスケジュール

第1回 ハイエンドカーオーディオコンテスト
実施日時
2015年9月12日(土)・13日(日)
9月12日(土): 11時〜20時
9月13日(日): 9時〜18時
実施場所
こまつドーム
〒923-0344
石川県小松市林町ほ5番
TEL:0761-43-1677
FAX:0761-43-4466
協賛
  • サウンドサスペンション
  • ビーウィズ株式会社
  • 株式会社エムズライン
  • M & Mデザイン
  • DYNAUDIO JAPAN株式会社
  • アルファ
  • パイオニア株式会社
  • フェリースソニード
  • 株式会社イース・コーポレーション
  • 三菱電機株式会社
  • 株式会社明宝自動車
  • 株式会社オーディオテクニカ
  • サエクコマース株式会社
(※順不同)
タイムテーブル
前日設営
9/11(金) 前日準備
1日目
9/12(土) 7:00 スタッフ集合
7:30〜8:00 メーカー搬入
8:00〜9:00 エントリー車搬入
10:00 開会式
11:00〜11:30 午前コンテスト審査
11:30〜12:40 基準合わせ/休憩
12:40〜16:00 午後コンテスト審査
17:00〜19:00 松尾明トリオ & MAYAライブ
19:15〜20:15 表彰式
20:15〜21:00 エントリー車 搬出(駐車場)
21:30〜 喜多八ナイト
2日目
9/13(日) 7:00 スタッフ集合
7:30〜9:00 エントリー車搬入
9:30〜12:00 午前コンテスト審査
12:00〜12:40 基準合わせ/休憩
12:40〜15:00 午後コンテスト審査
16:00〜17:30 表彰式
18:00〜 エントリー車搬出

両日共に一般見学(無料)が可能です。協会本部にて受付をしてください。審査前の車両については『試聴可能』となっているクルマであっても試聴不可とさせていただきます。審査後のクルマについては、車両オーナーの許可を取って試聴をしてください。

コンテスト内容・カテゴリー詳細

ディーラーデモカー部門

ディーラーデモカーclass

審査日 9月12日(土)
募集期間 7月18日(土)〜8月16日(日)まで
エントリー代 ¥ 20,000
内容

ショップの腕を競う最高峰のクラスですので、商品、メディアなんでもありのクラスとなります。ディラーの参加クラスはこのひとクラスになります。 基本的には協賛メーカーの商品の採用を前提で検討していますが初年度に限りこの限りではございません。

12日の審査となり上位10台の車両は翌日の来場者の視聴車両となります。

会員ショップに登録し、デモカークラスにエントリーの場合にはディーラーデモカークラスのエントリー用紙にあるエントリー用紙には

『ショップ名/車種名/車両色/ナンバー/氏名/試聴、取材のチェック/審査に使用するメディア/弁当の有無のチェック』

までご記入いただき、お近くのエリア担当ショップへFAXをお願いいたします。

エントリー仕様書は、当日までにシステム構成、指定ボリューム、音像定位の指定位置、コンセプトを仕上げていただき、当日持参してください。

メーカー及びショップ関係者所有の車両はディーラーデモカークラス以外にエントリー出来ません。

ユーザーカー部門

オール Pioneer carrozzeriaχシステムclass

審査日 9月12日(土)
募集期間 7月18日(土)〜8月16日(日)まで
エントリー代 ¥ 20,000
内容

昨年と同じオールパイオニアの製品を搭載した車両になります。

12日の審査となり上位10台の車両は翌日の来場者の視聴車両となります。

エントリー用紙に『ショップ名/車種名/車両色/ナンバー/氏名/試聴、取材のチェック/審査に使用するメディア/弁当の有無のチェック』までご記入いただき、お近くのエリア担当ショップへFAXをお願いいたします。 当日までに、試聴ボリューム、コンセプトを仕上げていただき持参してください。エントリー仕様書を忘れるとエントリー出来なくなる場合がありますのでご注意ください。尚、審査後のジャッジペーパーは後日返却となりますのでご了承ください。

コンテスト当日は9時までに(変更の場合があります。その場合はHP上で告知いたします)ご来場いただき、エントリー仕様書をご準備の上、スタッフの誘導に従ってください。順番に抽選の上、車両を配置していただきます。その後、本部にて、エントリー仕様書をご持参の上、受付を済ませてください。

メーカー及びショップ関係者所有の車両はディーラーデモカークラス以外にエントリー出来ません。

オール Pioneer システムclass(χ以外)

審査日 9月12日(土)
募集期間 7月18日(土)〜8月16日(日)まで
エントリー代 ¥ 20,000
内容

昨年と同じオールパイオニアの商品でχ以外のモデルをヘッドユニットとして搭載した車両になります。

12日の審査となり上位10台の車両は翌日の来場者の視聴車両となります。

12日(土)の審査で入賞された車両は13日(日)に来場者に試聴していただけるようにいたしますのでよろしくお願いいたします。

13日(日)やむを得ない事情で帰られる場合はその旨をスタッフにお伝えください。

エントリー用紙に『ショップ名/車種名/車両色/ナンバー/氏名/試聴、取材のチェック/審査に使用するメディア/弁当の有無のチェック』までご記入いただき、お近くのエリア担当ショップへFAXをお願いいたします。 当日までに、試聴ボリューム、コンセプトを仕上げていただき持参してください。エントリー仕様書を忘れるとエントリー出来なくなる場合がありますのでご注意ください。尚、審査後のジャッジペーパーは後日返却となりますのでご了承ください。

コンテスト当日は9時までに(変更の場合があります。その場合はHP上で告知いたします)ご来場いただき、エントリー仕様書をご準備の上、スタッフの誘導に従ってください。順番に抽選の上、車両を配置していただきます。その後、本部にて、エントリー仕様書をご持参の上、受付を済ませてください。

メーカー及びショップ関係者所有の車両はディーラーデモカークラス以外にエントリー出来ません。

DIATONE サウンドナビclass

審査日 9月13日(日)
募集期間 7月18日(土)〜8月16日(日)まで
エントリー代 ¥ 20,000
内容

ヘッドユニットがダイヤトーンサウンドナビシリーズの搭載車両で、内蔵プロセッサーを使用したシステムに限ります。

基本的には協賛メーカーの商品の採用を前提で検討していますが初年度に限りこの限りではございません。

13日(日)に審査のお車は当日のご来場でも構いません。

13日(日)の審査で、12日(土)にご来場される場合はスタッフの誘導に従い、待機場所に停車させてください。

エントリー用紙に『ショップ名/車種名/車両色/ナンバー/氏名/試聴、取材のチェック/審査に使用するメディア/弁当の有無のチェック』までご記入いただき、お近くのエリア担当ショップへFAXをお願いいたします。 当日までに、試聴ボリューム、コンセプトを仕上げていただき持参してください。エントリー仕様書を忘れるとエントリー出来なくなる場合がありますのでご注意ください。尚、審査後のジャッジペーパーは後日返却となりますのでご了承ください。

コンテスト当日は9時までに(変更の場合があります。その場合はHP上で告知いたします)ご来場いただき、エントリー仕様書をご準備の上、スタッフの誘導に従ってください。順番に抽選の上、車両を配置していただきます。その後、本部にて、エントリー仕様書をご持参の上、受付を済ませてください。

メーカー及びショップ関係者所有の車両はディーラーデモカークラス以外にエントリー出来ません。

Hi-end CDメディアclass1(ソースユニットがcarrozzeriaχ

審査日 9月13日(日)
募集期間 7月18日(土)〜8月16日(日)まで
エントリー代 ¥ 20,000
内容

ソースユニットがcarrozzeriaχで、スピーカー・アンプ特に指定はなく、なんでもOKですが必ずCDでの再生となります。

基本的には協賛メーカーの商品の採用を前提で検討していますが初年度に限りこの限りではございません。

エントリー用紙に『ショップ名/車種名/車両色/ナンバー/氏名/試聴、取材のチェック/審査に使用するメディア/弁当の有無のチェック』までご記入いただき、お近くのエリア担当ショップへFAXをお願いいたします。 当日までに、試聴ボリューム、コンセプトを仕上げていただき持参してください。エントリー仕様書を忘れるとエントリー出来なくなる場合がありますのでご注意ください。尚、審査後のジャッジペーパーは後日返却となりますのでご了承ください。

コンテスト当日は9時までに(変更の場合があります。その場合はHP上で告知いたします)ご来場いただき、エントリー仕様書をご準備の上、スタッフの誘導に従ってください。順番に抽選の上、車両を配置していただきます。その後、本部にて、エントリー仕様書をご持参の上、受付を済ませてください。

メーカー及びショップ関係者所有の車両はディーラーデモカークラス以外にエントリー出来ません。

現在ハイエンドCDメディアクラスにエントリーしている方はシステム構成によって自動的に適合クラスに振り分けます。

Hi-end CDメディアclass2(ソースユニットがcarrozzeriaχ以外)

審査日 9月13日(日)
募集期間 7月18日(土)〜8月16日(日)まで
エントリー代 ¥ 20,000
内容

ソースユニットがcarrozzeriaχ以外で、スピーカー・アンプ特に指定はなく、なんでもOKですが必ずCDでの再生となります。

基本的には協賛メーカーの商品の採用を前提で検討していますが初年度に限りこの限りではございません。

エントリー用紙に『ショップ名/車種名/車両色/ナンバー/氏名/試聴、取材のチェック/審査に使用するメディア/弁当の有無のチェック』までご記入いただき、お近くのエリア担当ショップへFAXをお願いいたします。 当日までに、試聴ボリューム、コンセプトを仕上げていただき持参してください。エントリー仕様書を忘れるとエントリー出来なくなる場合がありますのでご注意ください。尚、審査後のジャッジペーパーは後日返却となりますのでご了承ください。

コンテスト当日は9時までに(変更の場合があります。その場合はHP上で告知いたします)ご来場いただき、エントリー仕様書をご準備の上、スタッフの誘導に従ってください。順番に抽選の上、車両を配置していただきます。その後、本部にて、エントリー仕様書をご持参の上、受付を済ませてください。

メーカー及びショップ関係者所有の車両はディーラーデモカークラス以外にエントリー出来ません。

現在ハイエンドCDメディアクラスにエントリーしている方はシステム構成によって自動的に適合クラスに振り分けます。

Hi-end メモリーメディアclass

審査日 9月13日(日)
募集期間 7月18日(土)〜8月16日(日)まで
エントリー代 ¥ 20,000
内容

ヘッドユニット・スピーカー・アンプ特に指定はなく,なんでもOKですが必ずメモリー(USB.コンパクトフラッシュ、SD、iPod)での再生となります。

基本的には協賛メーカーの商品の採用を前提で検討していますが初年度に限りこの限りではございません。

エントリー用紙に『ショップ名/車種名/車両色/ナンバー/氏名/試聴、取材のチェック/審査に使用するメディア/弁当の有無のチェック』までご記入いただき、お近くのエリア担当ショップへFAXをお願いいたします。 当日までに、試聴ボリューム、コンセプトを仕上げていただき持参してください。エントリー仕様書を忘れるとエントリー出来なくなる場合がありますのでご注意ください。尚、審査後のジャッジペーパーは後日返却となりますのでご了承ください。

コンテスト当日は9時までに(変更の場合があります。その場合はHP上で告知いたします)ご来場いただき、エントリー仕様書をご準備の上、スタッフの誘導に従ってください。順番に抽選の上、車両を配置していただきます。その後、本部にて、エントリー仕様書をご持参の上、受付を済ませてください。

メーカー及びショップ関係者所有の車両はディーラーデモカークラス以外にエントリー出来ません。

全クラス共通ルール

課題曲

審査員のご紹介

麻倉 怜士先生

麻倉 怜士先生

オーディオビジュアル評論家。デジタルメディア評論の第一人者として名高い。

潮 晴男先生

潮 晴男先生

オーディオビジュアル評論家。雑誌などの幅広い執筆活動を行う一方で映画などの音楽監督にも携わる。

小原 由夫先生

小原 由夫先生

オーディオビジュアル評論家。エンジニアの経歴を持ち、システムの追求を怠らない実践派として有名。

長谷川 教道先生

長谷川 教道先生

オーディオビジュアル評論家。その高い見識で幅広い分野で活躍している。

傅 信幸先生

傅 信幸先生

ピュアオーディオ評論家。精力的な講演活動にファンも多い。

藤原 陽祐先生

藤原 陽祐先生

機器単体の評価ではなく、オーディオ & ビジュアルという趣味によってもたらされるライフスタイルの変化に着目、さまざまな視点からその重要性を説く。AutoSound 誌での執筆経験もあり、カーオーディオ機器についての知識も持つ。

和田 博巳先生

和田 博巳先生

オーディオ評論家。伝説のロックバンド「はちみつぱい」のベーシストとして活躍後、フリーの音楽プロデューサー業を展開。

初日 12日(土)

  • ディーラーデモカークラス:麻倉先生、小原先生、傅先生
  • ユーザーオールパイオニアχクラス:長谷川先生、和田先生
  • ユーザーオールパイオニアχ以外:潮先生、藤原先生

2日目 13日(日)

  • High-end CDメディア class1:麻倉先生、傅先生
  • High-end CDメディア class2:潮先生、藤原先生
  • ダイヤトーンサウンドナビクラス:潮先生、藤原先生
  • メモリーメディアクラス:長谷川先生、和田先生

審査用CD

MAYA / Style

寺島レコード/TYR-1042

MAYA / Style 審査トラック:Track 2/哀しみのダンス Dance Me To The End Of Love

Sir Simon Rattle / Stravinsky

WARNER MUSIC JAPAN/WPGS-50001

Sir Simon Rattle / Stravinsky 審査トラック:Track 15/バレエ音楽『春の祭典』第2部「いけにえ」聖なる舞踊(選ばれた者)

アーティストが選ぶ審査用CD

MAYA / マルチニークの女

寺島レコード/TYR-1012

MAYA / マルチニークの女 審査トラック:Track 11/優しいマルチニークの女

私のアルバム“Fanm Matink Dou”に収録している同名曲、カリブ海に浮かぶマルチニーク島の美しい女性の事を歌った曲です。メロディー、リズム、クレオール語と言う珍しい言葉の響きに惹かれ歌い始めました。

マルチニーク島にゆかりのある人がわざわざ海外からライブを聴きに来てくれる事もありました。YouTubuで私がこの曲を歌う模様が流れていますが、それを見て知ってくれたようです。嬉しい事に今では何万人もの人がアクセスしてくれています。

でも、まだまだ日本では馴染みのない曲です。このような素晴らしい曲が日本では知られていないことは残念です。

もっともっと日本の皆さんにこの曲を知ってもらうために、単にライブで歌い続けるだけでなく、様々なメディアを通じてこの曲を広めていきたいと思っています。(MAYA)

Blog: http://s.ameblo.jp/maya-jazz/

HomePage: http://www.point-a-office.com/maya/

松尾明 / Easter Parade

寺島レコード/TYR-1034

松尾明 / Easter Parade 審査トラック:Track 3/Blues On The Edge (Lafayette Harris Jr)

このアルバムで一番出したかったのは、切迫感でした、特にこの曲はスリリングなテンションが出たと思います、タイトルも崖っぷちの人生、ハイウェイで飛ばしながら聴くとさらに効果的…かも。(松尾明)

12日の審査を終了し上位10台に入賞した車の中からMAYAさんの気に入った3台 合計9台、松尾明さんの気に入った3台 合計9台を選んでいただきます。

ただし、時間の都合で上位5台になる可能性もございます。

サイモン・ラトル ベルリン・フィル ストラヴィンスキー「春の祭典」

Track15 第2部いけにえ 聖なる舞踏(選ばれた者)

長谷川先生

春の祭典は大地や太陽神礼賛、生け贄といった原始的な要素をテーマとしていますが、ラトルはそういった土俗的な表現を意図しているわけではありません。

打楽器奏者出身らしく、正確なリズムと切れ味鋭いアタック、正確な音程による濁りのない響き……不協和音さえ美しい。完璧なまでに洗練された演奏の追求。

野蛮なのに美しい。

冒頭のvn、va、vcによる16分音符の合奏。この和音が薄くならないこと。それを受けるコントラバスのアタックは強靱で厚みのある低音です。

この数秒間でステージングが判断されます。これに耳をつんざくようなピッコロフルート、ピッコロクラリネットが加わりますが、高音もきれいに伸びてひずみっぽさがありません。1分5秒過ぎの力強い合奏力は、さすがベルリン・フィルです。響きはホールトーンも含めクリアで楽器の位置関係も明瞭です。

十分な広さのステージングとDレンジなど、ハイレベルな再生能力が求められます。

藤原先生

試聴のポイント:空間の静けさと、音の躍動感、ダイナミズム

オーケストラならではの空間の大きさ、スケール感

大太鼓の実在感、管弦楽器の響きのグラデーションの描きわけなど

麻倉先生

冒頭の弦のマッシブ感と解像感がどこまで両立して再現できるか。高弦と低弦の定位、ティンパニの位置も重要。

43秒からの中間部の金管の位置ばどうか。奥行きが分かるか。

大太鼓とティンパニの量感と質感はきわめて重要。低音まで雄大に、同時に切れがシャープに再現できるか。

ベルリン・フィルハーモニーホールの豊かなソノリティと解像度が両立するか。

弦がメタリックになってはいけない。艶としなやかさを持ちながら、鮮烈に再現できるだろうか。

和田先生

ストラヴィンスキー『春の祭典』はかなり難易度が高いので、心して望む必要があります。

グランカッサ(大太鼓)が炸裂しまくるトラック15を、ピアニッシモ方向を含めてダイナミックレンジが十分に大きく、しかも飽和せずに伸びやかに再生できればOKなのですが、これが実に難しい、ワイドレンジを心がけつつも音は硬質にならぬよう、頑張って下さい。

潮先生

編成の大きな楽曲で、しかも5/8, 7/8などの変拍子が組み合わされた大変複雑な楽章です。スケール感の再現と弦楽器と管楽器のハーモニーがしっかりと出るように心がけてください。弦楽器については繊細を、また弱音部での音の静けさや響きも大切な要素です。音のコントラスト感と瞬発力をしっかりと出しましょう。

ただし無理をすると歪を誘発するので注意が必要です。

マヤ / マヤ・スタイル

Track2「Dance Me To The End Of Love」

長谷川先生

ベースを中央にして、ピアノは左側の中低域から高域にかけて右側へと拡がり、それとは対照的にドラムスは右側から左側へというポジショニング。

スネアドラムが中央のわずかに左になるでしょう。シンバルは左右に分かれます。ミキシングはあくまでピアノトリオとしてのバランスで、そこへボーカルをセンターに持ってきた……とてもシンプルなイメージングです。ただし、ボーカルが浮き出してしまうことはないので要注意。

そのバランスをおさえたら、あとは質感勝負です。ボーカルのマイクは近いですが、子音が思いのほか強調されないので、基音がキチンと鳴っていて、中低域にカブリがなく声の輪郭がクリアでないと、ややハスキーな声の魅力が表現できません。ツィーターとスコーカーでイメージングすると、薄っぺらなボーカルになってしまいます。ピアノの硬質感のあるタッチ、艶のある音色がすばらしい。ベースの存在感は十分ですが、決して押し出しすぎることはない。「バランス」というテーマを考えさせてくれる録音です。

藤原先生

試聴のポイント: ピアノ、ドラム、ベースの質的、量的なバランス

声の生々しさ、ニュアンス

声の定位と空間の広さ、立体感など

麻倉先生

まず冒頭のベースとピアノ。ベースの量感と切れ味、弾力感、そして音階感はどうか。

ピアノの立ち上がり、立ち下がりの鍵盤感もポイント。右手のメロディのフューチャー感も大事。

ピアノ、ベース、ドラムスの3つの楽器の音像、定位感はどうか。

そしてヴォーカルのセンター定位。ヴォーカル込められた厚い感情がいかに再現されるか。ニュアンス感がナチュラルに歪みなく再現できるか。

ヴォーカルとピアノの音量的なバランス。ヴォーカルがメインだが、バックの楽器とヴォーカルとの距離感はどうか。

和田先生

『MAYA Style』は一応ジャズヴォーカルとなっていますが、録音自体は音圧の高いポップス録音 & マスタリングで難しくはないし、特に気をつけるところはないでしょう。

ヴォーカルの子音が立ち気味なところは少し気にはなりますが、ここを整えてしまうと、『春の祭典』のハイの抜けが悪くなってしまうので、あまり気にしないほうがいいと思います。

潮先生

全体にドライに仕上げたタイトルなのでそうした感じが出せればよいでしょう。ボーカルもピアノもやや軽い作りですがそうした中にもボーカルの甘い感じを留めるように。中低域はそれほど厚くないので無理をして出そうとするとバランスが崩れます。金物系は比較的賑やかなので煩くならないように注意しましょう。

9月12日(土)にライブを行うアーティスト紹介

松尾明 松尾明

東京出身。21歳で渡米、バークリー音楽院に留学、アメリカ国内で数多くのライブ経験を経て、帰国後、菅野光亮トリオ、小西徹カルテット、八城一夫トリオ、ブルーコーツ・オーケストラなどを経て、現在は自己のトリオ、カルテットでマーサ三宅、MAYAなどのレギュラーを務めるかたわら、松尾明 & Take Tenのリーダーとしても活躍。Take Tenでは、日本と中国の国交で北京・上海公演も果たしている。

スタジオミュージシャンとしても多くの作品に関わり、現在までの参加録音は60タイトルを超えている。またプレイヤーのみならず、プロデューサー、音楽監督を務めることもしばしばあり、その手腕を高く評価されている。

松尾明トリオ最新作は「Easter Parade」(2013)。

『スイングジャーナル』誌、人気投票では、2009年度から廃刊まで、ドラム部門3位にランクインされた。

Big Band〜Vocal唄伴まで幅広いドラミングが高く評価されている。

MAYA MAYA

JAZZ & LATIN ボーカリスト

JAZZを基本にジャンル、スタイルにとらわれず9ヶ国語(英語・スペイン語・ポルトガル語・仏語・露語・クレオール語・日本語・イタリア語・中国語)で歌い分けるMAYA独自のオリジナリティ溢れる世界観で、現在までベスト盤含め14作品のCDがリリースされている。2000年“Why Try To Change Me Now?”、2002年“She’s Something”とインディーズレーベルより2枚のアルバムをリリース。コロムビアミュージックエンタテイメントより2004年、アルバム“MAYA”でメジャーデビュー。同作にてSwing Journal選定「ゴールドディスク」受賞。

翌2005年にはベスト盤を含めた5thアルバム“Love Potion No.9”にて、第39回Swing Journal選定「ジャズディスク大賞・ボーカル賞(国内部門)」受賞。2006年6thアルバム“Kiss Of Fire”リリース。同年上海ジャズフェスティバルにて初の海外公演をつとめる。

協力メーカー&エリア担当/会員ショップ

協力メーカー

(※順不同)

エリア担当ショップ

東北/北海道エリア

サウンドフリークス(担当:佐藤)

TEL: 0191-39-2841

FAX: 0191-39-2845

sound-freaks@hb.tp1.jp

北陸エリア

アンティフォン(担当:松居)

TEL: 076-292-1475

FAX: 076-292-1476

info@antiphon.co.jp

関東エリア

Mycar-life編集部(担当:藤澤)

TEL: 04-7197-3522

FAX: 04-7197-3523

fusion@high-end-contest.net

東海エリア

ルロワ(担当:小山)

TEL: 0564-73-9777

FAX: 0564-73-9111

info@leroy.jp

近畿エリア

カーオーディオクラブ(担当:高橋)

TEL: 072-697-4711

FAX: 072-697-4712

info@caraudioclub.net

中国/四国エリア

ウェイブトゥポート(担当:山本)

TEL: 0859-37-1678

FAX: 0859-37-1680

info@wave2port.com

九州/沖縄エリア

サウンドエナジー(担当:村上)

TEL: 092-503-5421

FAX: 092-503-5492

ang@soundang.com

会員ショップ

北海道/東北エリア
ゼプト(北海道伊達市)
ルーディー(北海道帯広市)
コンセプトファクトリー(青森県八戸市)
サウンドフリークス(岩手県一関市)
サウンドエスパス(福島県いわき市)
関東エリア
クアンタム(茨城県守谷市)
サウンドウェーブ(茨城県ひたちなか市)
ガレージA(群馬県高崎市)
サブライム(群馬県高崎市)
ビヨンド(群馬県高崎市)
オートブラスト(埼玉県志木市)
オーディオファイル(千葉県富里市)
サウンドクォリティー(千葉県千葉市)
ゼロビット(千葉県鎌ヶ谷市)
ログオン(千葉県野田市)
アプローズ(東京都杉並区)
サウンドプロ(東京都荒川区)
スーパーオートバックス羽村店(東京都羽村市)
カーファイ(神奈川県川崎市)
スーパーオートバックス川崎店(神奈川県川崎市)
ナナミサウンドファクトリー(神奈川県大和市)
北陸エリア
サウンドワクイ(新潟県村上市)
アンティフォン(石川県金沢市)
パラダ(福井県敦賀市)
コルノ(富山県砺波市)
ラ・ルース(福井県福井市)
ピレリー福井(福井県福井市)
中部エリア
フィール(山梨県甲府市)
サウンドガレージ浜松(静岡県浜松市)
サウンドメイト(静岡県富士市)
レジェーラ(静岡県浜松市)
ファルコン(愛知県岡崎市)
マイスター(愛知県安城市)
ルロワ(愛知県岡崎市)
ベイシス(愛知県名古屋市)
近畿エリア
ウイニング(滋賀県草津市)
AV関西(大阪府堺市)
イースト(大阪府高石市)
オートステーションK2(大阪府阪南市)
カーオーディオクラブ(大阪府高槻市)
カーオーディオスタジアム(大阪府寝屋川市)
コンジェ(兵庫県神戸市)
ブリーズ(奈良県大和郡)
ライズ(奈良県磯城郡)
中国/四国エリア
ウェイブトゥポート(鳥取県米子市)
ジパング(鳥取県倉吉市)
J club(島根県出雲市)
カーアーティスト エース(島根県松江市)
Kサウンド(広島県広島市)
アミューズ(広島県福山市)
エムイーアイ(広島県広島市)
サウンドステージ(香川県高松市)
ピットハウスコスギ(香川県高松市)
サウンドカーペンター(愛媛県東温市)
ガレージ ショウエイ(高知県高知市)
九州エリア
サウンドエナジー(福岡県大野城市)
レナード(福岡県福岡市)